FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.04

まめ闘病記1

Category: 病気
まめは、ここ2年ほどの間に同じような症状を
3回ほど繰りかえしていました。

2009_1001画像0294
2009年10月1日
引っ越してきてすぐの頃。
2010_0819画像0614
2010年8月19日

はじめの2回は数ヶ月かけて、自力で治っていました。
その間に、3軒の動物病院に連れて行きましたが
いつもステロイド等の薬を飲むよう言われ。
ただ、ワンコと犬の薬はほとんどのものが同じだと聞いているので
量を間違えて処方されると、とんでもないことがおきてしまうと。

そんな中、先日
まめつぶのワクチン接種をしてもらいに
以前にもワクチン接種のためだけに訪れた病院で、
まめを診た先生に言われたのが
「詳しく検査しないと分からないけど、ニキビダニのせいかもせれませんね。
 今は病院に、薬の在庫がないから取り寄せるので、
 まずは痒み止めの軟膏を出すから、使って下さい。
 もし、ニキビダニじゃなかったとしても害のない薬だから
 入荷したら使ってみましょう。
 効果がでるのに、1カ月はかかると思います。」


えええー。
痒み止めの塗り薬があるの!?
どうして、どこの病院でも出してくれなかったの!
ニキビダニってなんだ?

ってことで、またの名をアカラスというそうです。
母犬から子犬の時期に感染することがあり、多くのワンコは
発症しないようです。
ただ、なかには体力や免疫力の低下、
リンパ腫や乳腺がんなどの腫瘍や糖尿病、
副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症、
アトピー性皮膚炎などの基礎疾患を患っている場合には
発症しやすいようなのです。

症状がおもに、顔面や前足、ひどくなってくると全身にわたり
毛が抜けてくるようで、まめは特に顔がひどかったので
先生がこのような診断を下したのだと思います。

ただ、このニキビダニ対策の薬。
コリー種には副作用が強いため使用は厳禁。
アトピー性皮膚炎などに使用するステロイドは免疫力を低下
させてしまうので、まめがもしニキビダニだったとしたら
ステロイドを使用していなくてよかったという結果になります。

2012_0303画像0134
2012年2月23日
痒み止めの薬を塗布
2012_0303画像0136
2012年2月25日
痒み止めの薬を塗布

痒み止めの効果表れる。
ソファや、布団に顔を押し付けて掻くことがなくなる。
そんな中、
ここへきてハプニング!!
29日から1日にかけて、私が風邪をひき寝込むことに。
主人とは別々に寝たところ、まめが主人の布団で上手に
エリザベスカラーを脱ぐことに成功!?
その後、私の布団にもぐってくる子がいたので
なでなでしたら、どう考えても、まめの毛!まめの肌触り!
なのに、エリザベスカラーがない?
慌てて探すと、主人の布団の中に・・・・。
38度の熱の中、まめを抱っこして、明かりの下に。
がっつり掻いた形跡あり。

2012_0303画像0236
2012年3月3日
2月29日にニキビダニ対策の薬を塗布
今現在、ハプニングのせいで
内出血のあとが・・・。 

まめ、頑張ろうね。
スポンサーサイト

Comment:1  Trackback:0
トラックバックURL
http://mame10mame.blog45.fc2.com/tb.php/113-a7542359
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.03.10 09:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。